最新のブログ記事

ジャンル別

日付別

初診の方へ

予防メニュー

おおつきっず予防メニュー

治療メニュー

MAP

大月院長のブログ

満月会スタッフブログ

メールサービスのご案内

歯科衛生士募集中!

地図・診療時間

患者様の声

久しぶりの更新です ♪

 こんにちは、トリートメントコーディネーターの竹内です。

だいぶ久しぶりの更新になってしまいました、、wobbly

 新年度が始まり、新たな環境でのスタートを切っている方が多いと思います。
そういった変化の時期は、何かとストレスや不安がたまりやすいものですね。
「イライラと不安」を増幅させる原因に、実は糖の摂りすぎがあることをご存知
でしたか?? 
 私たちが毎日、当たり前に食べている白いご飯やパン、パスタには、甘くなくても
たくさん糖質が含まれています。糖質中心の食事になると、心や体を健全に働かせる
栄養素が不足しがちになり、血糖が乱高下するので、体が疲れてパフォーマンスが
さがってしまいますbearing

 先日、砂糖の摂り過ぎが体に及ぼす影響について、タレントの山田まりやさんを
お呼びして、セミナーをしていただきました! happy02happy02happy02
 スタッフと患者様に、自身の体験談や白砂糖の影響などお話しして頂き、とても勉強に
なりました。

「 自分の体は自分が食べたもので出来ている 」 という言葉が印象的でした。
何を、どれくらい食べるのか?あらためて考えるとても良い機会になりました!


DSC01488.jpg
     今年度も大月デンタルケアは、患者様の真の健康に貢献できるよう、
    新たな情報を発信し続けてまいります!!



富士見市 歯科 歯医者

ページのトップへ

MAPトレーニング報告


 こんにちは、トリートメントコーディネーターの竹内です。

 夏休みに入り、レジャーや帰省など、イベント盛りだくさんのシーズンですね!
お子様のパワーに、すでにグッタリ、、の親御さんも多いのではないでしょうかbearing

 さて、大月デンタルケアでは、毎日のようにMAPアクティビティーを頑張るお子様
が来院されています。「 こんなことが出来るようになったよ!」と、報告してくれる
お子様も増え、私たちスタッフも、いつも本当に励まされています!!

 今回は、MAPトレーニングをスタートしてちょうど一年ほどになる、Rちゃんのことを
お伝えしたいと思います。Rちゃんはお口が開いていることが多く、アクティビティー
中もベロを挟むような感じでお口が開いていることが多かったです。
                                               (MAPスタート時のRちゃん)
CIMG2143.jpg
  Rちゃんのご自宅での、トレーニング時間をどのように確保しているのか、
 お母様に聞いてみました。宿題を始めると同時に声をかけ、トレーニングを始める
 ように工夫されているそうです。 今現在のRちゃんは、お口を閉じながらトランポリン
 をしたり、最初の頃より難しいアクティビティーにチャレンジしています。
 お口を閉じながらでも運動ができる、つまり鼻呼吸がスムーズにできるように
    なってきました!!
CIMG5487.jpg
    お家でのトレーニング中に、妹や弟がおしゃべりしていると、マウスピースを早く
   はずして終わりにしたい時もあるそうですが、Rちゃん頑張ってます!!
      
   MAPがどんなことをしているのか、随時カウンセリングを行っておりますので
    興味がある方はお気軽にスタッフにお問い合わせください!!

富士見市 歯科 歯医者

ページのトップへ

MAPトレーニング報告 2

  こんにちは、トリートメントコーディネーターの竹内ですhappy01

 
    暑い日が多くなり、小学校や中学校ではプール開きの声が聞かれるようになりました。
  そろそろ夏到来ですね!! 
 
   さて、今回もMAPを頑張っているお子さんのトレーニングの様子をご紹介したいと
  思います  happy02
  
       A君6歳です。A君は舌の位置が低くて、舌がいつも下の前歯にくっついています。
   おしゃべりするたびに、舌を前に出して発音するので、シャ に聞こえます。
  結果、 下あごが上あごを追い越すくらいに前に出てきてしまい、MAPをスタート
  しました。 このままだと、反対咬合になってしまいます、、、bearing
スクリーンショット 2017-06-13 10.14.11.png
    A君は、毎日の生活でまず姿勢を気をつけるようにしたそうです。姿勢とアゴの成長は
   密接に関係があるからです。お腹の力を使って良い姿勢を保てるように、腹筋を使った
  トレーニングも家で行っているそうです。
    大月のトレーニングでも、お腹のコアを使うアクティビティーをしています。
   前回のアクティビティーでは、お口の中にトレーナーを入れながら、鼻呼吸を練習しました  
    happy02
CIMG5515.jpg
        毎日のちょっとした意識であったり、心がけが積み重なって、良い習慣が定着して
  くれればいいなと思います!先日の家庭訪問では、担任の先生に「A君はとにかく
     姿勢がとても良いです!」と褒めていただいたそうですlovely
 
        お子様の歯並びやちょっとした癖は、問題を早く発見できればできるほど、出来ることの
   選択肢は増えます。悪い習慣が身につく前に気づいてあげることが大切です。

     お子様のことで気になる事・不安なことがありましたら、お気軽にスタッフにご相談
     下さいね!MAPについての説明も随時受け付けております!!

 


 







    

富士見市 歯科 歯医者

ページのトップへ

MAPトレー二ング報告

      こんにちは、トリートメントコーディネーターの竹内です。

 ゴールデンウィークも終わり、新しい環境や生活に慣れてきた頃でしょうか。
     
     大月デンタルケアでスタートしたMAPも1年が経ち、MAPトレーニングを
 頑張っているお子様が増えてきました。

    さて、今回はMAPをスタートしてから8ヶ月が経ったH君のお母様にインタビューを
 してきました!!
 
  共働きのH君のご家庭では、トレーナーを使用する時間を確保するために、
 帰宅後すぐにトレーナーを口に入れているそうです。毎日1時間トレーナーを
 口に入れることが目標なので、 30分ー30分と2回に分けて、無理なく習慣付ける工夫を
 されていました。

  また、MAPではアクティビティーをこなすと、1ヶ月後の次のアクティビティーまでに
 ホームワークがでます。H君は年長からのスタートで、その年齢から宿題をやってきた
 ため、小学校に入ってからの学校の宿題が、ストレスなくこなせているそうです。
  宿題はやるものなんだ、と良い習慣づけができていたようです!
    
          
  
image1-9.jpgのサムネール画像
   
  MAPを頑張っているお子様の家庭環境はさまざまです。両親共働きのため、
 トレーニング時間の確保が難しいご家庭、小さいお子様がいて、しっかり
 お子様のトレーニングを見てあげられるか不安な方、トレーナーを指定の時間
 使用できるか心配な方、、。
  それぞれ置かれている状況は違いますが、その中で皆さん上手に時間を作ったり
 工夫されています!!困った時や不安なことは私たちスタッフも一緒に考えて
 どうしたら良いかお話することもあります。
  なによりMAPは子供のあごの成長期に正しく発育できるように促すトレーニング
 です。いましか出来ない治療法です。矯正以外にできる、MAPについてもっと
 たくさんの方に知っていただきたいと思っています!
        
            MAPについての質問・ご相談も随時受け付けております!happy02




富士見市 歯科 歯医者

ページのトップへ

鼻呼吸でもいびきをかく?!

   こんにちは、トリートメントコーディネーターの竹内です。卒園・卒業のシーズンに

  なりましたcherryblossomcherryblossom。私事ですが、一番下の息子も幼稚園を卒園して4月から小学生です!
  子供の成長は早いものですね、、、catface
   
   最近、息子が寝る時に一人前にいびきをかきます。それが結構な音で、、。
  いびきは、睡眠時の異常呼吸音 と定義されています。いびきというと口を開けて寝ている
  人がかくものだと思っていたのですが、なんと彼は口は閉じて寝ているのです。
   では、いったいどこが鳴っているのかと謎だったのですが、実は原因は別の所にあった
  のです!

スクリーンショット 2017-02-04 12.45.46.png
    謎の音の正体は、、舌が根本から落ち込んでいて気道をふさいでいるので
   音が鳴ってしまうことにありました!舌は筋肉の塊なので、使っていなければ正しい
   位置にいることが出来ず、寝ている時のような無意識下の時は、気道を塞ぐような形
   になってしまいます。実際、患者さんの中にもいびきを毎晩かく、というお子さんの
   話をよく聞きます。
    
    舌の筋肉がないままだと、無呼吸症候群の予備軍になってしまいます。酸素が
   脳や体に十分に行き届かない時間が毎晩あることがいかに危険な事かは、すでに
   新聞やメディアでもとりあげられています。さらに、舌の筋肉はあごの成長にも
   大事な役割を担っています。鼻で呼吸できていても、舌がどこにいるのか
   ぜひお子様のお口の中を観察してみて下さいね!!

富士見市 歯科 歯医者

ページのトップへ