セレック

最短1日で治療が完了する
セラミックの治療

  • セレックとは

    セレックシステムは、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。セレック(CEREC)とはCEramic REConstruction(セラミック修復)のことを言います。
    コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取ることがありません。(型採りが必要な場合もあります)
    歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的です。現在当院が導入しているセレックACは、口腔内の形態をコンピューターに取り込み、プログラム上で設計し、その設計通りにミリングマシーン(削り出し機械)がセラミックのブロックを削り、出来上がったものを歯科技工士と歯科医師が仕上げるという新しい技法を取り入れています。

  • セレックの特徴

    • 短期間で治療が可能

      治療時間も約2時間と非常にスピーディーで、最短1日で治療が完了します。従来の型取りを行う治療法に比べて、大幅に治療期間の短縮ができるようになりました。

    • 耐久性が高いセラミックを使用

      規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため、耐久性が高いことが特徴です。ある程度の強度には耐えられるため、長持ちする素材と言えます。

    • コンピューターで設計するため正確性が高い

      コンピューター内で設計するため、人の手では調整できないような微調整も行うことが可能です。従来の型採りが必要な場合は神経を取る必要性があった歯もセレック治療であれば神経を残せる可能性があります。

    • 従来の補綴物よりも経済的

      従来の審美的な補綴物は、型取りを行い歯科技工所で補綴物を作製する、従来の審美的な補綴物に比べ、セレックでは院内でそのまま補綴物を創り出すことが可能です。そのため、従来の補綴物に比べると費用を抑えられます。

セレック治療の流れ

  1. 古い詰め物・被せ物の除去・むし歯(う蝕)部分の除去

    それまで使用していた詰め物や被せ物を取り除き、むし歯がある場合は、その個所を削ります。
    むし歯の部分を除去した後は、セレックの詰め物・被せ物が合うように、歯の形を整えます。

    Step01

  2. 光学印象

    専用の光学カメラで歯の型を撮影します。従来のような型採りは行いません。

    Step02

  3. 設計

    光学印象で得た情報を基に、コンピューター上で補綴物の形を設計します。

    Step03

  4. 削り出し

    コンピューターで設計した情報を基に、専用の削り出し機械がセラミックブロックを補綴物の形に削り出します。

    Step04

  5. 試適

    出来上がった補綴物をお口の中にあて、微調整します。

    Step05

  6. 接着・研磨

    咬み合わせに問題がないようであれば、専用の接着剤で補綴物を固定し、綺麗に磨きあげます。銀歯の場合は(粉・液)セメント合着(接着が不十分です)、セレックの場合はレジンセメント接着(光で固めていきます)

    Step06

  7. 咬合調整

    咬み合わせの状態を調べます。必要があれば補綴物を削って調整します。

    Step07

  8. 完成

    完成です。天然歯とも見分けがつかないくらい綺麗になります。

    Step08

セレックの
メリット・デメリット

Merit

  • 人体との親和性が高く、金属アレルギーの心配がありません。
  • 透明感があり、天然歯に近い見た目に仕上がります。
  • 従来の治療法に比べ、詰め物や被せ物を短期間で製作できます。
  • 従来の治療法に比べ、費用を抑えられるケースがあります。

Demerit

  • 治療する歯によっては、健康保険を適用できず自費診療になります。
  • 治療箇所によっては周囲の歯に色を合わせるのが難しい場合があります。
  • 天然歯と近い強度を持つ素材は、経年劣化により割れる・欠ける可能性があります。
料金表