大月デンタルケアFacebook

公式Facebook

大月デンタルケアInstagram

大月デンタルケアInstagram

大月デンタルケアMAP Instagram

メタルフリー治療

メタルフリー治療とは

  • メタルフリー治療について

    メタルフリー治療とは、歯科金属アレルギーを引き起こす原因となり得る、健康保険で使われる金属(卑金属)を使用せず、金属素材をつかわない詰め物やインプラントを利用する治療方法です。
    金属アレルギーの方、アレルギー予備軍の方におすすめの治療方法です。
    アレルギー体質や、過去にアレルギーの経験が有る方は、感作(抗原に対して抗体が身体にできる事)を避けるため、最初からメタルフリー治療をご検討いただくことをおすすめします。

  • 金属を使用したむし歯治療による悪影響

    一般的に「銀歯」と呼ばれている金属の詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)には、銀ではなく金銀パラジウム合金が使用されています。金銀パラジウム合金は、金・銀・パラジウム・銅のほか、インジウム等を含むため全身に悪影響をおよぼします。

    • 金属アレルギーのリスク

      金属が唾液に溶けて体内に取り込まれ、タンパク質と結合して異物(アレルゲン)とみなされると、アレルギー症状を引き起こす場合があります。現在アレルギーがなくても、発症するリスクはあるのです。

    • 金属部分が目立ち、見た目が悪い

      目立つ銀歯が気になって、笑う時に手で口を覆ってしまう人も多いです。白い歯列の中で、銀歯はやはり目立ってしまいます。

    • 歯茎の色素沈着のリスク

      差し歯の土台や被せ物の金属が溶け出して歯茎に沈着すると、歯茎が黒ずみ・変色を引き起こし(メタルタトゥー)、審美性を損ねます。

    • 2次カリエス(むし歯の再発)

      2次カリエスの主な原因に、銀歯の劣化が挙げられます。歯と詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)の間に隙間ができると、そこにむし歯が発生しやすくなります。

「エビデンス」と「安全原則」に着目したむし歯治療を

  • 安全性を考えると、昔入れた銀歯も入れ替えが必要

    エビデンスとは、医学的な根拠のことで、論文によって多くが証明されます。それが絶対に正しいわけではありませんが、これを一つの根拠とする以外にはありません。特に歯科は経験的なことからものごとを考える文化のある業界です。これは入れ歯などの物作りを考えると仕方のないことですが、それだけではすまない、やはりエビデンスは重要、という状況になっています。

    安全原則とは、もしはっきりしたエビデンスが分からない場合は、安全側に考える、と言うことです。つまり、人体に危険である、ということが証明されなくても、安全が証明されず、危険な可能性がありうる、という場合には安全を考えた対処を取るということです。

  • なぜ金属を使用した歯科治療は危険なのか?

    • アマルガム(銀と水銀の化合物)のような修復物は、長期間にわたって見ると神経毒性が確認されるため、これらの金属は除去すべきである。という考えです。
    • それ以外の金属修復(金、銀、パラジウム、白金など)も極長期には金属イオンの溶出があり得るので、金属アレルギーを引き起こしている可能性がある。
    • 金属修復物一般が、電磁波(携帯電話など)の有害な電波を体内に取り込む場合の「アンテナ」の役割を果たしているという指摘が一部においてなされている。

    これらに対しては、科学的根拠が十分では無い、などの批判も多く、当法人としても断定は避けていますが、当方は情報を提供した上で、患者さんが自ら判断し、決定するべきことである、と考えています。
    これらのこととは関係が無いことですが、社会的に見ると、歯科医療において、パラジウム合金が保険診療で使われ、不十分な精度で繰り返し治療が行われています。このような金属の浪費が近年産業界からも苦言が呈されるようになりました。
    総合的に考えると、まず予防医療を推進することが大切です。次に、金属以外の修復方法を模索する、というのが現在、私たちの選択すべき道であろう、と考えています。

  • 金属を使用した歯科治療の比較

    こちらの表は横スクロールできます

    元素 濃度低下による疾患兆候 濃度増加による疾患兆候
    アルミ 特になし アルツハイマー病の可能性
    ヒ素 特になし 腹痛・脱毛
    バリウム 特になし 高血圧、腸の吸収障害
    ベリリュウム 特になし 肺疾患
    ボロン カルシウムの吸収障害 発育遅滞、下痢
    カドミウム 特になし 高血圧、発ガンの危険性大、特に前立腺ガン
    カルシウム 不眠症、筋肉のけいれん、発育遅滞、高血圧、骨粗しょう症
    塩素 胃酸生産低下による消化障害 高血圧、貧血
    クロム 動脈硬化症、低血糖症、糖尿病 皮膚障害の可能性
    コバルト ビタミンB12の欠乏 血中鉄分低下を引き起こす
    亜鉛 免疫機能低下、感染症誘発、前立腺機能障害、発育遅滞、脱毛、酵素生産障害、消化系障害、味覚・嗅覚障害、糖尿病 鉄・銅の吸収障害

メタルフリー治療の
メリット・デメリット

Merit

  • 金属アレルギーの心配がない
  • 金属が口元から見えないため、見た目が美しい
  • 銀歯よりも歯に密着するため、むし歯の再発リスクが少ない

Demerit

  • 自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかる
  • すべての症例にメタルフリー治療が適用できるわけではない
  • 治療の際に薬剤などがしみる場合がある
料金表

メタルフリーの
白い歯「セレック」

セレックとは、オールセラミックスで補綴物(被せ物や詰め物)を作るシステムの一つです。従来の方法は、歯科技工士がセラミックスの粉を盛り、焼いて作っていました。そのため、長い製作時間と技工料がかかり、高い治療費を要しました。
しかし、セレックを導入することで最短1日という短期間でメタルフリーの白い補綴物を装着することが可能になりました。銀歯をやめて、あなたも健康な白い歯を手に入れませんか?

セレック