大月デンタルケアFacebook

公式Facebook

大月デンタルケアInstagram

大月デンタルケアInstagram

大月デンタルケアMAP Instagram

大月デンタルケアYoutube

大月デンタルケアYoutube

ブログ

標準化された医療

日本の歯科医療は、多くの医療の中でも最も標準化が遅れているのではないかと思うことがあります。たとえば医療での投薬に於いてはかなりガイドラインが細かく出され、癌などにおける実験的な投薬の場合インフォームド・コンセントなどにかんしても細かい規定がなされていると思います。

 歯科は確かに名人芸のような部分もありますので、標準化しきれないこともあるかも知れません。しかしできること、するべきではないかと思うこともたくさんあります。


 たとえば、前回お話ししたPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning=衛生士による歯面清掃=プラークバイオフィルムの破壊)は、これによって虫歯と歯周病の予防をする、という方法ですが、この実験に於いても標準化されている必要があったわけであり、また当院でもまずその標準化された方法を教育しています。
 もちろんさらにこれよりソフィスィティケートされた方法を開発することは素晴らしいことだとも思いますが、まずは名人クラスではない標準的な衛生士でもできる、標準化されたPMTCをだれもができなければ、本当の予防はできないはずです。
 
 TWITTERなどをみていると、吾こそは名人衛生士というひとがいろいろなことを言っていることもありますが、銀座でお金持ちを相手に一日5人に最高のPMTCをして、私以外はだめなのよ、と、それがそんなに立派なことでしょうか?
 すみません。言い過ぎたかも知れません。私はそれよりも、その地域のより多くの人間を、標準的な方法でどれだけ虫歯や歯周病からから守ることができたかのほうがより重要な問題だと思うのです。その標準化された方法で十分な成果が上がることが実験で示されされに30年以上の結果が出ているのです。

 当院の衛生士は銀座の衛生士の80%の能力かも知れませんが、向こうが一人ならこちらは5人も6人もいます。公衆衛生に明らかに寄与しているのはこちらです。より多くの人間の健康を守り、育てています。


富士見市 歯科 歯医者