ブログ

あーすママくらぶ

こんばんは、保育士の小川です

今日は節分ですね

恵方巻きを食べ、ご家族で豆まきをしていらっしゃるのでしょうか??



さて、院内で掲示、予告しておりましたママサークル、第一回目を1月27日に行いました。

その名も“あーすママくらぶ”

以前はママズカフェとゆう名で活動しておりましたが、変更致しました。


そして、テーマは“「そのまま、ありのまま」を受け入れる子育て~実践編~”とゆうことで、

ベテラン保育士の今中が担当させて頂きました。


「ありのままを受け入れるって何をしたらいいのだろう?、、難しそう。」


そんな疑問を解決するために、まず子供が何をしたいのか、どうしたいのかを「知る」ことから

始めようという提案の内容でした。

「あこちゃんとわるむし」という絵本の中で、「あこちゃんはこれをしたい」と訴えて

いますが、「なぜそれをしたいのか」誰も聞いてくれません。




子供の行動を大人の勝手な解釈で決めずに、「受容、共感」することが大切。

これらを体感するワークとして、参加しているママさん達に「あこちゃん」になりきってもらい、

気持ちを考えてもらいました。

ワークを進めていくうちに、子供の気持に寄り添う心地よさを知り、新たな気持で子供と向き合いたいと思うママさん達の素敵な表情を垣間みることができました。


  



参加頂いたママさんからはこんな感想を頂きました

     ↓↓

「ありがとうございました。子供の気持ちを大切に、自分の気持ちも上手に

 伝えられたらと思います。」


「まさに悩んでいる真っ最中のテーマだったので、先生のお話を聞くことができて

 今後の参考にしたいと思いました。”そうなんだ”を口癖にこれからは子供の気持ちを

 大切に子育てしていきたいと思いました。」

(※ワーク中に、子供の気持を否定せず受け入れる一つのフレーズとして紹介しました。)


「こじんまりしていて楽に聞けた。絵本を読んでもらう側になることがないので新鮮だった」


「これからは子供だけではなく、主人にも受容の姿勢で向き合えるよう努力しなくちゃなとも

 思いました。子供ともっともっとふれあって、楽しい毎日を過ごしていきたいです。」


「子供と離れた時間を過ごせたことがとてもいい気分転換になりました。

 自分の子供なんだからしっかり躾ないととか、○○できる子に育てたいとか親の思いがありつつも、 どこかで子供のありのままの気持ちを見落としがちになっていたことに気づかされ、また新鮮な

 気持ちで子供と向き合えそうです。」




あーすママくらぶは毎月テーマを変えて開催致します

今後のスケジュールです↓

あーすママくらぶ年間予定.pdf

対象:0~3歳のお子様がいる保護者様、妊婦さん


参加ご希望の方はご連絡下さいお待ちしております

049-254-2177





富士見市 歯科 歯医者