インプラントの選択基準、メリット・デメリット


医療は全てメリットとデメリット、リスクとベネフィット、そしてコスト、これらをはかりにかけて患者さんが選択するものですが、私たち専門家は出来るだけ知識を提供し内容を公開し、自分の経験から勧められる方針を提示することにあります。

インプラントは骨に穴をあけるわけですので何らかのリスクは伴いますが、しかしそれはCT等を使うことによって大幅に減少させることが出来ます。咬み心地などは入れ歯よりは大分良いですが、天然歯と違って、咬んでいるという感覚は十分ではありません。清掃も天然歯よりは複雑です。入れ歯と違って沈下することがありませんので、下顎の位置をほぼ完全に維持するので顎関節などに対しては完全に有利です。この点では上下顎のがっちりとした保持(=頭部の固定)を重視する当院の方針とは良く一致しています。

最近は骨粗鬆症に使われる薬がインプラントの禁忌として問題になっており、全身病との関連は慎重に考えるべきであり、過剰なリスクは避けるべきでしょう。

具体的にインプラントに変わる治療法としてはブリッジと義歯になりますが、中間歯欠損にブリッジを使うかインプラントを使うかは両方の歯が既に削ってあるかどうかだと思います。つまり隣の歯を削って傷つけてまでブリッジにするよりはインプラントの方がましという選択肢は十分あり得るということです。また義歯にするかどうかは欠損面積によると思います。つまりあまりたくさんのインプラントを入れてインプラントという感染源にもなりうるものを入れるより、あきらめて義歯にした方が良いのではないかとも思っています。このような場合は義歯の沈下を防ぐ為にのみ義歯下にインプラントを入れることが有効です。

ページのトップへ


歯に関するお悩み・ご相談は今すぐ!TEL 042-554-6480