インプラント治療について

インプラントは、体内に金属を埋め込む手術です。
成功率は後述するように大変高く、今や危険性も極めて低いとは言え、十分な検証が術前から術後まで必要です。

ピア・レビューインプラント

ピア・レビューインプラント

大月デンタルケアのインプラントはピア・レビューの上で施術されます。(peer review、ピア・レビュー)とは、研究者仲間や同分野の専門家による評価や検証のことです。
当院のピア・レビューインプラントとは、複数のDr.でカンファレンスを必ず経て、「危険性、有効性、患者の同意、将来の予測」をして、その後に実施しています。このことを必ずお約束いたします。

ページのトップへ

ガイデッドインプラント

最新のインプラントは、CTと模型を重ね合わせて、CAD/CAMを使って埋入立体画像を作ります。そののち、このCAD/CAMを使ってプラスチックとメタルスリーブガイドを削りだし、その通りに埋入します。そのため、ミスが起こる可能性が殆ど無く、ピア・レビュー(カンファレンス)によって、無理をしないことだけが重要になります。

ガイデッドインプラント ガイデッドインプラント

ページのトップへ

術前のPCR(歯周病菌の精密検査)とFMDI(除菌)

当院ではPCR(Polymerase Chain Reaction)法による、歯周病菌の精密検査とFMDI(Full Mouth Disinfection)を行ってから埋入しています。

術前のPCR(歯周病菌の精密検査)とFMDI(除菌) 術前のPCR(歯周病菌の精密検査)とFMDI(除菌)

ページのトップへ

術後の管理体制

術後の管理体制

ペリインプランタイティス(インプラント周囲炎)の発生は10%以上とも言われ、大きな問題です。当院の本来の業務である予防・メインテナンス体制は、ここにおいてこそ最大の力を発揮します。インプラントは入れて終わりではありません。10年20年と楽しめてこそ、です。そこが目標です。

ページのトップへ

他院でインプラントをした方、これからなさる方へ

当院はインプラントを主たる業務とした医院ではありません。予防により歯が失われないことを子供の頃からの教育により最重視し、なった場合でも顕微鏡による最高の治療、最高の義歯治療をし、それでも駄目な方にインプラントをお勧めしています。インプラントを含む補綴処置は、「口腔全体」のかみ合わせ(特に臼歯)の治療計画の中でのみ決定されるものです。また、もう一つの点としては「超長期的」なメインテナンスの計画の中で考えるべきものです。これらの点からインプラントは、統合的な医療体制の当院でなさることを強くお勧めします。インプラント(それ以外の処置も)処置はスタートに過ぎません。その後の処置まで責任を持つ医院での処置をするべきです。

ページのトップへ

当院使用のインプラントの学術的なバックボーン

近年はインプラントの価格競争・価格破壊安価が都心部で起こっており、安価なインプラントは中国製や韓国製のことがあり、医学的なエビデンスが不十分な恐れがあります。当院のインプラントは、国際的な学術文献が最も多く出されている最高の安全性を誇るインプラントです。成功率は1040例の追跡調査により、10年で98%です。

当院使用のインプラントの学術的なバックボーン

ページのトップへ

インプラントと金属アレルギーについて

現在の所、チタンによるアレルギーは殆ど報告されていませんが、今後はインプラントボディー(フィクスチャー)含め、すべてのメタルフリー(金属を一切口に入れない)を当院は目指します。

インプラントと金属アレルギーについて インプラントと金属アレルギーについて

ページのトップへ


歯に関するお悩み・ご相談は今すぐ!TEL 042-554-6480