大月デンタルケアFacebook

公式Facebook

大月デンタルケアInstagram

大月デンタルケアInstagram

大月デンタルケアMAP Instagram

大月デンタルケアYoutube

大月デンタルケアYoutube

ブログ

大月歯科医院 契約技工士です。 はじめまして。m(__)m

 はじめまして。大月歯科の技工物製作をお任せいただいている歯科技工士小林と申します。
この度、大月歯科医院の契約技工士の取りまとめ役として「技工士ブログ」の管理人を仰せつかりました。
 普段お目にかかることのない技工士ですが・・・何をやっているのか、入れ歯ってなあに、などなど・・・書かせていただこうと思います。患者さんからのご質問にもお答え出来ればと考えてます。

 ところで・・・写真の私、ずいぶん疲れた顔をしてますね。大月院長と土曜日の夜に焼肉屋さんで食事(時事放談とも言う)をしたときの写真ですね。一週間の疲れが出ているのかも・・・。普段はもうちょっと元気な顔をしていますのでご心配なく。では、以後よろしくお願いいたします。

 

 さて・・・皆さんは「歯科技工士」と言う職業をご存知でしょうか? 近頃は患者さんも歯科のことを色々と学んでいらっしゃいますのでご存知の方も多いと思いますが一応ご説明させていただきます。

 歯科医院で患者さんの口の中に装着される詰め物・被せ物・入れ歯などなど・・・これを「補てつ物」あるいは「技工物」なんて呼ぶんですが、それらを作るための国家資格をもったものが「歯科技工士」と言う職業です。

 ご存知とも思いますが・・・補てつ物には色々な種類がありますが、大まかに2種類にわかれます。

 歯を削って詰めたり、被せたり、あるいは繋げて橋を渡したりするもの・・・これをら「クラウン・ブリッジ」と言います。その中には高度に審美的要求(見た目の綺麗さ・自然さ)を追求したセラミックや硬質プラスチックなどのを用いた審美補綴と言うのが有ります。最近ではインプラント治療に伴う物も多くなっていますね。

 もう一方は、取り外しの出来る入れ歯ですね、これを「デンチャー」と言います。総入れ歯「総義歯・フルデンチャー」の他にもご自分の歯が残っている場合の部分的な入れ歯「部分床義歯・パーシャルデンチャー」も有ります。義歯にも装着感や丈夫さのためにフレームを金属で作られた物「金属床義歯」や部分的な物で残っている歯にバネをかける「クラスプデンチャー」の他に残った歯にかぶせ物をしたような特殊な義歯コーヌステレスコ-プデンチャー」・「マグネットデンチャーなども有ります。・・・実はこれが私の得意分野!

 その他にも「矯正」に用いられる装置なども有ります。 こんな具合に「補てつ物」と言うものは細かく分ければたくさんの種類が有り、その一つ一つが一人の患者さんの為だけに歯科技工士のハンドメイドによる完全なオーダーメイドな訳です。その上、今日の歯科治療の高度化に伴い、それぞれの製作にはがかなり高度な技術を要するため専門分野が分かれていてそれぞれを担当する技工士が存在します。得意分野と言った方が適当かな! 

 その昔・・・30年以上前には歯科医師が診療を終えた後などに夜なべ仕事で作っていたという話です。・・・さすがにこの時代のことは私も知りません。

 いまでは歯科技工士が製作する場合がほとんどです。また、以前では歯科医院内に技工士が常駐して製作に当たっている場合も有りましたが、高度で広範囲な補綴物に対応する為に現在ではほとんどの歯科医院が外部の歯科技工所に委託しています。

 

 大月歯科医院でも私をはじめ複数の契約技工士に外部委託(外注)され製作されています。ここで、大月歯科での大きな特徴は補綴物を製作している4名の技工士が私を中心とした20年来の旧知の仲で、それぞれ専門分野の違う仲間同士がグループを組み綿密な連絡を取りあい連携して製作に当たっていると言うことです。 このことによって、お一人の口の中に専門性の違う補てつ物が装着される場合にもトータルバランスの整った補綴物のを製作が可能になっていると考えています。

 また、大月歯科医院の各PC(パソコン)と各技工士のPCとは常時オンライン状態で何時でも連絡が取れるようにネットワーク化されています。文字チャットや音声通話、ビデオチャット(テレビ電話)を使い院長をはじめスタッフの方々とも互いに遠慮なく意見を出し合うことが出来ます。場合によっては患者さんと技工士がお話しすることも可能です。

 このように我々契約技工士も、より良い完成度の高い補てつ物を製作できるように大月歯科医院のスタッフと協力して努力しています。
 実を言うと・・・私も歯科技工士になって早や30年近くになりますが、外部の歯科技工士を含めてこれだけ綿密な関係を作れた経験は初めてのことです。患者さんにとっても安心していただける体制が出来ていると思っております。これからもどんどん進化させて行きます。

 このあたりは院長先生をはじめ大月歯科医院のスタッフの方々のご意見も伺いたいところです。怒られることも度々有るのでちょっと怖いのですが・・・。 

 

 次回は大月歯科で技工を担当している面々「大月歯科の愉快な仲間たち」のそれぞれの専門分野と、その人となりなどをご紹介いたします。では今回はこのあたりで・・・。 

 

 


富士見市 歯科 歯医者