• Top
  • 院内感染予防対策

院内感染予防対策

患者様に安心・安全な環境の中で診療を受けていただくために

当院では院内感染対策として、以下のことに取り組んでおります。

1. ディスポーザブル製品を使用

ディスポーザブル製品を使用

グローブ、マスク、紙コップ、紙エプロンは完全ディスポーザブル製品を使用しております。
口腔内で使用する綿球なども、オートクレーブという蒸気滅菌器にかけて、使用する時にパックを開封しております。
また、治療やクリーニングで使う器具も、患者様毎に交換し衛生管理の徹底を行っております。

2. クラスBの滅菌機を導入しています。

クラスBの滅菌機を導入しています。

ヨーロッパ規格EN13060の最高基準「クラスB」の条件を満たした滅菌器を導入しています。
クラスB滅菌器は高性能を誇る高圧蒸気滅菌器であり、歯科医療に使うすべての器具の滅菌を行えます。
これにより、確実に滅菌がされた器具で患者様の診療を行うことが可能となります。

クラスBの滅菌機を導入しています。

ハンドピースも患者様ごとに交換し、滅菌しております。
器具内のオイル、切削かす、血液細胞、唾液などを高温で滅菌クリーニングすることによって、患者様ごとに滅菌した器具の使用が可能となり、清潔な環境で安心して診療を受けて頂けます。

また、飽和蒸気をハンドピース内部に強制通気させるシステムにより、外部だけでなく内部も確実に滅菌することができます。

3. 診療で触れる部分の衛生管理を徹底しています。

ハンドピース、ライトの持ち手、キャビネットの上部など、診療で触れる部分にはラップを巻き、患者様ごとに交換しています。

診療で触れる部分の衛生管理を徹底しています。

4. 次亜塩素酸系消毒液を使用しています。

次亜塩素酸系消毒液を使用しています。

ユニットや、直接触れる部分(ドアノブ、手すり、テーブルなど)を次亜塩素酸系消毒液で定期的に拭き取りを行なっております。


歯に関するお悩み・ご相談は今すぐ!TEL 042-554-6480