インプラント治療の流れ

大変複雑なので全ては紹介出来ませんので簡単に。

  1. 歯槽膿漏等の治療は全て終わらせて口腔内の細菌環境を良好にします。
  2. 歯形、レントゲン等を撮って咬合回復のプログラムをたてます。
  3. CTを総合病院に依頼して撮ってきてもらいます。(まれにCTを自院で持っている所もありますが、総合病院のCTに比べると能力は遥かに劣ると言われています。当院では東上線沿線ではもっとも解像度が高いと評価されている病院を紹介します)。これをさらに専門業者に送って分析し、骨等の最も適切な所にインプラントを埋入できるようにステントという物をコンピューター(CAMCAD)で作ってもらいこれで手術をします。
  4. 手術の日は普段とおりで全くかまいませんが、寝不足等無い様、体調は管理した方が良いかも知れません。
  5. 手術後は多少腫れる場合もありますので、仕事はお休み出来ればより良いと思います。
  6. 一週間後に抜糸します。その後はかりの入れ歯等を入れて、数ヶ月、骨と癒着するのを待ちます。
  7. その後、型を採って上にのせる物を作って着けて終わりです。

ページのトップへ


歯に関するお悩み・ご相談は今すぐ!TEL 042-554-6480