ブログ担当者

ジャンル別

日付別

初診の方へ

予防メニュー

おおつきっず予防メニュー

治療メニュー

大月院長のブログ

ケアフロア衛生士のブログ

きっず衛生士のブログ

保育士のブログ

受付のブログ

満月会スタッフブログ

大月デンタルケア受付ブログ

技工士ブログ

facebook

おおつきっず

メールサービスのご案内

歯科衛生士募集中!

地図・診療時間

患者様の声

患者さん向けセミナー

実体顕微鏡

 大月歯科医院技工担当の小林です。

久々の更新になります。大変ご無沙汰しております。m(__)m

・・・と言っても、お仕事の方はみなさんのお口の中に装着する技工物をせっせと製作させていただいており、決してサボっていたわけではありません。サボっていたのは本ブログの更新のみです。(-_-;)

 

下の写真・・・見覚えのある方がいらっしゃいますでしょうか???みなさんが毎日のように見て触れているものなんですが、答えは後ほど・・・(^_^)/

 

micro3.JPG 実体顕微鏡・・・って聞き慣れない言葉でしょうか。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると以下のように書いてあります。

実体顕微鏡(じったいけんびきょう)とは、比較的低倍率(2-30倍程度)で、観察対象を薄切標本などにせず、そのままの状態で観察するための顕微鏡である。双眼実体顕微鏡とも。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9F%E4%BD%93%E9%A1%95%E5%BE%AE%E9%8F%A1

 

・・・と言う訳で、上の写真の正解は日本銀行券1000円札「マイクロ文字」です。偽造防止のため何箇所かに施されているものですが、写真はそのうちの裏側右下、ちょうど桜の花二輪の下側のものです。それを前述の「実態顕微鏡」で約30倍に拡大し撮影したものです。肉眼では1本の線にしか見えませんね。

 

 実は、私をはじめ大月歯科医院の技工を担当するメンバーは補てつ物製作時に日常的に使用しています。言わば我々技工士の「目」と言う事ですね。 micro.JPG右のような視点でどれだけピッタリした物が作れるか適合精度向上すべく作業しています。

日常的には10倍から20倍で製作しています。

ぴったり作れば二次的な虫歯の発生も防げますし、一度作ったものを長持ちさせる事が出来ます。

 このように顕微鏡下の作業は高精度のものを作れる半面、慎重な作業が要求され作業効率が悪くなります。

つまり同じ時間をかけても肉眼のみの作業に比べ、あんまりたくさん作れないわけですね。ですから私の知る限りではこうして日常的に顕微鏡下で作業している技工士は1割に満たないと思います。

しかしながら、大月歯科医院の技工を担当させていただいているメンバー・・・ブログで紹介させていただいた「愉快な仲間たち」は自信を持って補てつ物を提供出来るよう顕微鏡下での作業をしています。

 

micro1.JPG  左のものが私の愛器 NIKON SMZ-2Bです。

8倍から50倍のズーム変倍が出来るモデルです。

2世代ほど前の機種ですが10数年全く問題なく使用しています。

オリジナルから照明装置をLED照明に交換し、数年前に接眼レンズをライカ製(製造は日本のコシナ??)に交換しますます良く見えるようになりました。

実は、最新の SNZ-645 という機種も購入したのですが、どうもこの旧式顕微鏡の方が気に入っているので、最新機は隣でカバーをかけたまま眠っています。

 

 この辺り、大月先生に言わせるとかなりマニアックな世界・・・と言う事ですが、これにより良いものが出来ると自負していますので・・・ どんどんマニアックに行こうと思っております。( ̄^ ̄)エヘン!!

 

 

 今回は我々技工士がどんな事をやっているか。その一端をご紹介しました。

また一般には知られていない「神秘の技工の世界??」をご紹介していこうと思います。

 では今回はこの辺で・・・技工ブログ担当の小林でした。(^_^)/

 

富士見市 歯科 歯医者

ページのトップへ

契約技工士・・・【大月歯科の愉快な仲間たち!】 その参

「技工士ブログ」管理人の 小林です。

さて前回お約束の通り、大月歯科医院の技工を担当している契約技工士も残すところ後一人!

名づけて・・・【大月歯科の愉快な仲間たち!】 その参

「斉藤」のについてご紹介します。 happy01

 

斉藤・・・

専門分野  :  義歯(保険中心)・矯正用装置・その他いじられ役担当sign01

仕事内容  :  義歯の中でも大月歯科医院では保険適用のものを中心に製作しています。技術的には自由診療金属床義歯も製作できる能力を十分持っていますので、大月歯科医院では度々自由診療と見まがうものを製作しちゃったりします。一言で言うと「真面目で堅実」な奴です。happy01 

 部分的な入れ歯では保険適用自由診療では残った歯へのバネ、これを「維持装置」と言うんですが、こう言った仕掛けが根本的違い、残っている歯への補綴物の作り方から変わってきます

そのため保険の義歯を想定した場合、残った歯にも保険義歯用仕掛けをしなくてはなりません。将来自由診療の義歯を入れたと言う希望が有っても対応が難しいのが現状です。残った歯を審美的自由診療で作った場合など、将来自由診療の義歯変更する場合やり直さなければなりません。これでは患者さんの負担が大変ですし、選択の幅も限られてしまいます。

将来の選択の幅を広げる意味で残った歯へは自由診療移行出来る物を入れておき暫定的に保険の義歯を装着できれば良いわけです。しかし技術的難しいのでなかなかそう言うように出来無いのが一般的です。そういった場合にも彼なら自由診療知識と技術を持っているので十分対応出来るのです。good

 そのほかに自由診療の義歯製作にはかなりの時間を要する場合が有ります。また修理など、一時的に義歯をお預かりするケースも有ります。その間の暫間的な義歯を彼に任せておけば支障なく対応して貰えます。goodgood

このように、保険の義歯の製作を中心に自由診療の治療の繋ぎ役を担うユーティリティープレーヤーとして我々のグループで欠く事の出来ない貴重な存在です。goodgoodgood

conv0003.JPGどんな奴  :  もともと金属床担当の尾形が独立前の勤務先の後輩として働いていました。デザイン学校を出てグラフィックデザインの仕事をして居たそうですが・・・何を思ったのか一念発起技工士の学校に入り直し歯科技工士になったと言う変り種です。coldsweats01

技工士になってからも審美技工を目指し有名な卒後研修のコースに通うなど努力家です。その後も紆余曲折を経て結局:・・・義歯専門の技工士として独立開業したこれまた変り種です。coldsweats02

 開業前にの元で1年ほど修行して義歯を中心に勉強していました。また今現在も尾形が所属している勉強会金属床を学んでいます。私と尾形の弟子に当たる存在ですね。結果いじられ役担当に・・・coldsweats01

 彼を一言で表現すると、「紆余曲折」どうにも真っ直ぐ行かない・・・。そっち行くと危ないよ!って言ってるのにそっちに行く。そうやるとこうなっちゃうよ!って言ってるのにそうやる。結果痛い目に会ってコテンパンにやられて戻ってくる。

「だから言ったろ!」・・・「ほんと、そうでしたね。」・・・「わかったか?」・・・「わかりました。」

そうやってあっちにぶつかりこっちにつまずき・・・端で見ている方は冷や冷やです。もうちょっと要領よく出来ないもんかね?って思いますが、これが彼の生き方なんでしょう。痛い思いをした分骨身にしみて学んできたんですね。不器用な生き方しか出来ない愛すべき奴です。coldsweats01

 仕事の面では実力も着実に付けています。しかし・・・如何せん大月歯科医院では私と尾形と言う煙たい先輩頭を抑えているので保険義歯担当と言うことになっています。あんまり頭を抑えすぎたのか・・・写真を見ての通りずいぶん首が短く・・・happy02happy02

 めげずに現状でがんばってくれsign03・・・師匠としての愛の言葉を送っておきましょう。heart04

 

 以上4名の【愉快な仲間たち!】が皆さんのお口に装着される補綴物製作をお任せいただいています。不肖、管理人「小林」全幅の信頼を置くオールスターキャストです。shineshine

 普段褒めるようなことを言った事が無いので苦労しちゃいましたが・・・ほめてないか。coldsweats01coldsweats01 

 面白おかしく書き連ねましたが・・・みんな腕は確かな職人気質の奴らです。努力をいとわずトップレベルの補綴物を製作するべく大月院長、STAFFの方々と共に切磋琢磨しております。皆さんも何かお気づきの点疑問に思われることなどございましたらこの掲示板にでもコメントを寄せてください。mailtomailtomailtomailto

 最後までお読みいただきありがとうございました。技工士の面々を代表させていただき・・・今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m

 ではまた・・・paperpaper

富士見市 歯科 歯医者

ページのトップへ

契約技工士・・・【大月歯科の愉快な仲間たち!】 その弐

「技工士ブログ」管理人の 小林です。

さて前回に続き、大月歯科医院の技工を担当している契約技工士の面々をご紹介いたしましょう。

名づけて・・・【大月歯科の愉快な仲間たち!】 その弐

 今回は前回紹介できなかった残る二名の内・・・「内山」についてご紹介します。

 

内山・・・

専門分野  :  審美技工(セラミック・硬質レジン)・インプラント一般技工(クラウンブリッジ)

仕事内容  :  削って被せるクラウンブリッジの中でもセラミック硬質プラスチック審美技工を中心に担当しています。いわゆる白物屋さんですね。happy01

 セラミックも従来の金属と複合化するメタルボンドの他により審美的なオールセラミックなど近年どんどん技術が進歩しています。それにいち早く反応して新しい物を取り入れている意欲はたいしたものだと思っています。think

 審美技工特化した奴はとかく適合精度(精密さ)や機能(患者に有った噛み合わせや運動)が二の次になりがちですが、彼の場合はそこを決しておろそかにしません。むしろそちらに重点を置いていると言っていいと思います。見た目だけ良くっても中身がおろそかではなにもなりません。 

我々の仲間は実体顕微鏡下の作業が常識になっていますが一番最初に導入をしたのも彼でした。すぐに私も彼のよりグレードの高いのを買いましたけどね・・・負けず嫌いだから!pout 

 また、大月歯科では患者の顎の運動を正確に測定するシステムを導入していますが、それに対応する咬合器(顎の運動を再現する機器)を小林・内山で導入しています。このシステム導入にウン十万円・・・大月院長の鶴の一声で購入することに・・・急な設備投資はかなり大変だったんですが、このために正確な顎運動が再現が完全に共有出来て機能的な補綴物が製作できる体制が整いました。 good 

 インプラントに関わるものも彼の専門です。インプラントシステムも近年急速に進歩していますがその進歩にしっかり対応しているのはさすがです。なにしろ、クラウンブリッジに関しては彼の知識引き出は大変豊富でどんなことでも聞けば答えを出してきます。そういった意味で大変頼りになる奴です。delicious 

 義歯(入れ歯)関連の知識は人並み・・・この分野ではさすがに私にかなわない sign03smile

koike.jpgどんな奴  :  手元に写真が無かったので・・・ ラーメンが好物かどうかは不明・・・でも似てますsign02

適当な写真が見つかったら差し替えましょう。coldsweats01

前回紹介した尾形も同級ですが学校が違いました。 彼とは同じ技工学校の同級生でした。卒業してからしばらく会っていなかったのですが、尾形と私が大月歯科に関わることになり義歯関係の我々二人の他に「審美技工」で使える奴がいないかと・・・頭に浮かんだのが内山でした。そこで仲間に引っ張りこんだと言うことですね。coldsweats01 

 審美技工特化していたので私と尾形の義歯とのコンビネーションを確立することに苦労しましたが、早いもので組んで10年になり、しっかり組み込まれた統一性の有るものが出来る体制が整いました。今後のさらにチームとしてのクオリティー追求して行くつもりです。good 

 真面目でいかにも好人物と言う印象の奴ですが、場の空気の読めない事に関しては天才的です。たとえば仕事の打ち合わせなど私のところに来たときなど、深夜で有っても大声でしゃべる、注意してもまただんだん声がでかくなる・・・。ほとんど芸の域です。見ていて笑っちゃいます。coldsweats01 

 心配しなくとも・・・皆さんの所に深夜押しかけることは無いので、ご迷惑をお掛けすることはございませんのでご安心あれsign03coldsweats01

 

 小林は文章が長すぎるpoutとのご指摘をいただきましたので・・・今回は内山特集sign03 

次回は最後の一人「斉藤」をご紹介します。こいつも傑作な奴です。お楽しみにhappy01

 

富士見市 歯科 歯医者

ページのトップへ