• Top
  • よくある質問

よくある質問

  • 小児歯科に関する質問
  • MAPに関する質問
  • サロン(予防フロア)に関する質問
  • 治療に関する質問
  • 受付に関する質問

小児歯科(小児予防フロア)に関する質問

生後1ヶ月から通えます。
抱っこの仕方等から、呼吸や全身の健康をトータルでサポートします。
歯医者に行くというより習い事感覚で通って下さい。

診療室はユニットが8台あります。
子供用トイレや授乳室、おむつ台等を完備しておりますので小さいお子様も安心してご来院ください。
待合スペースには体を動かしたり、勉強が出来るスペースもあります。

大丈夫です。
低年齢のお子さんは泣いてしまう子がほとんどです。保護者様と相談しながら、お子様のペースに合わせて練習をしていきますので、ほとんどのお子様は嫌がらずに通ってくれるようになります。
また自分ができたという達成感をたくさん集めて、自信に変わっていきますので、泣いても頑張って通っていただきたいです!

現在歯科衛生士、保育士、MAPスタッフが勤務しています。
小児専門の歯科衛生士が診療を行い、うち3名は実際にお子さんがいるスタッフなのでご安心ください。

初めて来る方は0~2歳が多いです。

虫歯菌も歯周病菌も唾液を介して感染します。家族感染のリスクを考え、できるだけ家族みなさま歯科医院に通い定期的にリスクを下げて行きましょう。

ただフッ素を塗布しても虫歯予防にはならないので、2回目のクリーニングの後の綺麗な状態から定期的にフッ素を塗布します。

生まれたてからデータを取り始めることで些細な変化に気がつけます。
歯が生える前からできる事、知って欲しい事がたくさんあります。一緒にお口と体の健康を守りましょう。

最初は月に一度のペースで来院していただきます。そのあとはリスクに応じて2、3ヶ月に1回の来院となります。

ページのトップへ

MAPに関する質問

矯正は乱れた歯並びやかみ合わせなど、今起きていることに対して治療します。
MAPは乱れた歯、小さい顎の原因が何か?にアプローチし、原因を治療します。原因を改善しなければ、また同じような状態に戻ってしまうからです。

正しい成長発育に必要なのは、適切な量の酸素です。元気に活動するのに、ご飯が必要なように、成長するための細胞のご飯は酸素です。口呼吸が習慣化していると、酸素が足りず、必要な量の成長発育が期待できないので、MAPではまず最初に呼吸の練習を行います。

月に1度来院をお願いしております。正しく装置が使用できているか、良い変化があるかどうかを定期的に見る必要があります。

お子様のアクティビティ中は下の保育フロアでお預かりをさせていただきます。(期間によっては利用できないこともあります)ぜひお預かり制度をご活用ください。

ページのトップへ

サロン(予防フロア)に関する質問

まずは、お口の中の状況を把握する為に、様々な資料を取らせていただきますので、所要時間は1時間程です。金額は、保険適用で3割負担の場合、5,000円ほどになります。

予防の歯科医院だからといって、むし歯の治療はしないということではありません。ただ当院では、むし歯があったとしても、まずは治療をする前に、検査を通してむし歯になった原因を知っていただき、むし歯にならない為の対策を取り、リスクが下がってからむし歯の治療を行うという形を取らせていただいています。
また、急を要する大きなむし歯や痛みなどの症状がある場合には、応急処置を取らせていただいています。

むし歯ができるには原因があり、原因が分からないまま治療をすると、再治療になる可能性が高い為です。
治療はゴールではない為、リスクを下げてから治療をすることが、とても重要になります。

予約の空き状況や患者様のご都合により異なりますが、おおよそ月に3~5回のペースで通われる方が多いです。定期管理に入りますと、個別のリスクにより1ヶ月~3ヶ月の間隔で通っていただいています。

はい、通えます。
帰国や帰省したタイミングで口腔ケアを受けることをおすすめしています。

個人差はありますが、歯石は歯の表面だけでなく、歯茎の中にある場合もあり、一本一本丁寧に取り除いていくと、どうしても時間がかかります。その為、複数回の来院が必要になります。

歯周病には段階があり、骨が溶けた状態まで進行してしまうと、骨の回復は難しいため、完治するのは難しいと言われています。まずは自分自身の状態を知り、プロフェッショナルケアとセルフケアを行うことがとても重要になります。

歯茎に炎症があると痛みに敏感になるため、痛みを感じることがあります。
痛みが強い場合や、ご希望があれば麻酔を使うことも可能です。

主に歯周病にかかると、細菌によって骨が破壊されて溶けることにより、歯茎も下がってしまいます。その他にも歯茎が下がる原因はいくつかあります。かかりつけ医を持ち、定期管理をしていくことがとても重要になります。

はい、大丈夫です。
また、生後3ヶ月から無料でご利用いただける保育ルームには、保育士が常駐しております。ご利用の際はご予約が必要となりますので、受付またはスタッフまでお申し付け下さい。

むし歯や歯周病は、感染症であり、生活習慣病でもあります。
日常生活を送る中で、親子間、兄弟間、祖父母からも細菌をもらってしまう機会が多くあります。歯磨きなどのセルフケアだけでは細菌を減らすことは難しいため、ご家族で通い、ご家族皆様でリスクコントロールをすることをお勧めします。

お口には沢山の細菌がいて、一人一人むし歯や歯周病のリスクは異なります。
自身のリスクを知っていただき、リスクに応じた対応をすることで、歯を長持ちさせることができます。その為に、まず検査が必要になります。

定期口腔ケアを続けることで、将来20本以上の歯を残せることがある調査で分かっております。
また、口腔ケアを続けることで全身疾患の予防に繋がることも分かっております。

診療室にベビーカーごと入ることは可能です。
場所により異なりますので、ご予約の際、スタッフにご相談ください。

ページのトップへ

治療に関する質問

状況によりますが、元に戻せる場合があります。牛乳や保存液に抜けた歯を浸けるなどして速やかに来院しましょう。汚れを取ろうと、こすって洗うことは避けましょう。

当院で使用しているレントゲンはデジタル式で被爆量が少なく防護エプロンを着用しますので、人体への影響は殆どありません。

ページのトップへ

受付に関する質問

当院ではこども医療受給者証が適用されるのは富士見市、ふじみ野市、三芳町、志木市在住の方が対象です。
毎回診療時に受給者証をご提示下さい。
保険診療分は窓口負担が発生致しません。但し自費診療は除きます。

当院では自費診療のみクレジットカードのお支払いが可能です。
保険診療はクレジットカードでのお支払いは受け付けておりませんので 予めご了承ください。
またデビットカード、電子マネーの取り扱いはございません。

・ 敷地内に7台
・ 旧大月歯科の駐車場(横田西口パーキング内5台)
・ イージーパーク駐車場(コインパーキング、横田西口パーキング隣)
イージパークのコインパーキング駐車場に停められた際は、駐車証明書を発行してご提示下さい。

院内は段差をなくし、車椅子専用の駐車場、多目的トイレも 完備しております。
バリアフリーなので車椅子やベビーカーの方でも安心してご来院頂けます。

スタッフがデザイン、ペイントした可愛いベビーカー置き場があり、折りたたまず、そのまま6台置く事が出来ます。
好きな動物のキャラクターの所に置いてください!

低年齢のお子さんは泣いてしまう子がほとんどです。保護者様と相談しながら、お子様のペースに合わせて練習をしていきますので、ほとんどのお子様は嫌がらずに通ってくれるようになります。また自分ができたという達成感をたくさん集めて、自信に変わっていきますので、泣いても頑張って通っていただきたいです。

初診時ではフッ素の塗布は致しません。2回目に高濃度のフッ素(9500ppm)塗布を行います。

当院では初診の未成年者(18歳未満)の受診は原則、保護者様の付き添いをお願いしております。
やむを得ずに保護者様が付き添えない場合は、電話にて診療の確認、説明や同意をお願いすることがありますので、必ずご連絡が取れるようにお願い致します。 予め診療同意書を印刷してご記入の上、受診時にご提出ください。
ご理解ご協力のほど宜しくお願い致します。

>> 診療同意書ダウンロードページはこちら

ページのトップへ


歯に関するお悩み・ご相談は今すぐ!TEL 042-554-6480